演奏会やコンクールなどで、

よく、

【何かと戦っているような演奏】

を聞くことがあります。

ゆったりとした雰囲気の曲なのに

ものすごく険しい表情演奏している。

 

音から伝わるものがなんだかとげとげしい・・

少し違和感 を感じるような演奏です。

きっと、

「間違えないように!」

「ここはこう弾かなきゃ!」

「もっと感情込めなきゃ!」

「いい結果を残さなきゃ!」

などなど

 

頭の中が

自分から自分への指令でいっぱい

なんだと思います。

あなたはそんなことはありませんか?(*^_^*)

 

1曲を仕上げていく中で、

先生のアドバイスも受けながら

「ここはこう弾こう!」

というプランを練って練習を進めていくと思います。

しかし、それが

「こう弾きたい!」 

という【ビジョン】のようなものだったらいいのですが、

いつのまにか

「こう弾かなきゃダメ!」

になってしまうと、

だんだんとプレッシャーになってくるんです。

真剣に取り組むと、誰でもこうなりがちですよね

 

私は以前、

「レッスンで先生から言われたことは

100%できるようにならないとだめだ!」

と思ってました。

そのため、鬼のように練習していた時期があります。

「できるようにならないと価値がないんだ!」

とさえ思ってたんです。

それが本番の過緊張にもつながっていたように思います。

今考えると、

この考え方で、

あがり症にならない方がおかしいですよね。笑

 

 

 

そこでおすすめしたいのは、

人前で弾く時は

【頭を空っぽにして弾く】

ということ。

 

ポイントは

 

「どうにでもな~れ♪」

と、自分の演奏のコントロールを軽く手放すこと。

自分の音楽を

空中にふわ~~っと漂わせるイメージです。

 

そうすると、体の力も抜けて、

自分でも思ってもみなかったような

のびのびとした演奏になります!(*^_^*)

 

大丈夫です。

上手くいかなくたって、

死んだりしません。笑

 

「空っぽの」ススメ。

あなたも軽い気持ちでトライしてみてくださいね!

 

 

個別カウンセリング「音楽をする人のための心のレッスン」

ご予約受付中!

 

心のレッスン詳細はこちらから

 

カウンセリングに申し込みするのはハードルが高い!

と感じる方は、

 

「読むだけカウンセリング」

 

がおすすめです♪

 

かなりお得なので、

まずはこちらでカウンセリングデビューしてみてくださいね!

 

106C43A8-EC0C-443F-894F-D7AA1FBEE296-300x157.png

20160212182201-300x192.jpg