メンタルのことで悩み続ける人というのは

 

「つらくて苦しい世界(ハードモード)」

 

で音楽をしていいます。

 

 

 

無意識に自分を否定している

自分を許せない

人と自分をジャッジする

「頑張る」以外の選択肢を持っていない

演奏を間違えることは罪だ

音楽ができない自分には価値がない

自分の音楽人生に誇りを持てない

誰かから言われたレールの上でしか音楽をできない

いつも心がすねている

人に評価されなかったり否定されるのが怖い

 

人から何を言われるか怖くて

やりたいことを何年もやれないまま

 

演奏が自由じゃない・・・

 

 

などなど。

 

 

何だか書いていて苦しくなってきましたが。笑

 

 

こんな風に、

音楽と苦しみがセットになっています。

これは、数年前の私の姿そのまま。(涙)

 

真剣に演奏を追求するあまり、

いつの間にかこうなってしまうんですよね・・。

 

私自身、長い間

「つらくて苦しい世界」

で音楽をしていることに気がつきませんでした。

 

 

 

逆に優しい世界(イージーモード)というのは、

 

自分を責めない

今の自分に「いいよ」よ許せる

今の自分を最大限に応援できる

頑張る と 頑張らないを自分で選ぶ

自分は愛されている存在だと知っている

自分の音楽人生に誇りを持てるようになる

いいとかダメとか関係なく音楽を楽しむことに集中できる

人から何を言われるかが気にならない

自分のやりたいことをすぐ行動に移せる

音楽に関するメンタルの悩みにどうアプローチしたらいいか

わかっているので心が落ち着いている

 

 

という感じ。

 

 

あなたは、今、どっちの世界で音楽をしていますか?^^

 

 

私は、時間をかけてゆっくりと「つらく苦しい世界」から

「優しい世界」へとお引越しをしました。

 

 

カウンセリングを受け、

アドバイスされたことを実生活で行動に移し

評価されるための鎧を脱いで、

等身大の自分で音楽をできるようになりました。

 

(まだ昔の癖が時々出ますが。笑)

 

 

「な〜んだ!こんなに楽に音楽していいんだ!」

と音楽人生の再スタートを切ることができたんです。

 

 

カウンセリングを受けてくださった音楽家さんが

 

「音楽人生の生まれ変わりができたようです」

 

と言ってくださることがありますが、

私もその体験をしました。

 

 

もしこれを読んで、

 

「私はとても厳しくて苦しい世界で音楽をしているのかも」

 

と思ったら、そんな自分を責めるのではなく、

 

まずは

「へ〜〜

心に負担をかけないで音楽を楽しめるようになれるのかもな。

楽な考え方があるのかも・・」

 

と思ってみることから始めてみてくださいね。

 

 

人って変われるものです

 

あなたも大丈夫^^

 

\「音楽をする人のための心のレッスン」受付中/

 

国内外のプロ・アマチュアの音楽家さんから

大変ご好評いただいております。

ぜひお気軽にお申し込みください。

 

▼ ▼ 

心のレッスン詳細&ご感想はこちらから

 

 

今すぐお試しカウンセリングに申し込む

 

カウンセリングに申し込みするのはハードルが高い!

と感じる方は、

 

「読むだけカウンセリング」

 

がおすすめです♪

 

かなりお得なので、

まずはこちらでカウンセリングデビューしてみてくださいね!

 

106C43A8-EC0C-443F-894F-D7AA1FBEE296-300x157.png

20160212182201-300x192.jpg