音楽家専門心理カウンセラー&マリンバ奏者

野元 麻美です。

 

 

今日は、

 

「演奏のスランプから早く抜け出す方法」

 

についてお話してみようと思います。

 

 

 

演奏のスランプを抜け出すはじめの一歩は

 

音楽を真剣にやっていると

調子が悪い時期 というのは必ずやってきます。

 

 

あなたもすでに経験されたことがあるかもしれませんね^^

(私ももちろんあります!)

 

 

スランプの時って

 

『前のように思った通りに演奏できない・・』

 

『練習をいくらしても

何だか全然前に進めない感じがする・・』

 

『周りから取り残されているような気がする・・』

 

そんな気持ちになります。

 

 

とても気持ちが悪いですし、焦りますよね。

 

大事な本番前にそうなってしまうと

もう・・・ 

 

本当に嫌です。

 

 

 

そんな時は少しでも早く抜け出したいもの。

 

 

では、どうすればいいかというと

 

ヤバイ!スランプだ!! と気づいたら、

 

<自力>で何とかしようとするのを一旦やめてみてください。

 

 

 

 

自力は、自分の力。

自分の頭の中にある方法だけで解決しようとすると

細い糸が絡まったような状態になって

スランプが長引いてしまうことがあります。

 

「こんなふうに演奏したい」

という気持ちに濃い霧がかかってしまって、しまいには

 

「私って音楽向いてないのかな。やめようかな。」

 

という気持ちすら浮かんでくることもあるかもしれません。

(この状態でカウンセリングにきてくださる方は多いです)

 

 

スランプの時って、前が見えなくなってしまっているだけで

あなたが音楽に向いてないわけではないんです。

 

もちろん

あなたが悪いわけでもありません。

 

 

自力(じりき)の反対は他力(たりき)。

 

スランプ中は

どんどん他力(人の力)を借りましょう。

 

自分の頭で考えることを減らしてみてください。

 

 

 

簡単にいうと、<人を頼る>ということです。

 

私は長い間これができずに、しんどい時期を過ごしてきました。

 

こんなに頑張っているのにスランプになるなんて

自分ておかしい・・

 

そんなことすら考えてたんです。

これでは、スランプは長続きするはずです。苦笑

 

 

人に話すと、

 

調子が悪いという状況を問題視しすぎて

大きな悩みに発展するのを防ぐことができます。

 

変な遠慮はせず

 

「今スランプなんだよね」

「なんかうまくいかないんだ〜」

 

と、周りの人に話を聞いてもらってください。

 

あなたの話を聞いてくれる人は

きっといろんなアドバイスをしてくれることと思います。

 

もし厳しいことを言われても

「責められた!!」と思わないようにしてくださいね^^

 

 

そして

周りの人からのアドバイスを取り入れてみることはもちろんいいのですが

真面目すぎる人は

「せっかくアドバイスしてくれたんだから、やらなきゃ!」

と思いがち。

 

なにも

相手のアドバイス通りに100パーセントできるようにならなくてもいいんです。

 

逆に

 

今まで自分のやり方でいろんな壁を乗り越えてきた方は

騙されたつもりで

どんどんアドバイスを取り入れてみてもいいかもしれません^^

 

 

大事なことは

「人に話す」ということをすることで

 

気持ちを体の外に出すこと。

 

 

自分の気持ちを人に聞いてもらうことは何も悪いことじゃありません。

 

 

 

スランプ中は、頭の中は「焦り」でいっぱいになっちゃいますから、

少しでも冷静な周りの人に話すと

ヒートアップしている頭の中が落ち着きを取り戻します。

 

 

誰かに「鏡」になってもらうことで、

思考の整理整頓ができるんです。

 

(周りに話を聞いてくれる人がいないよ〜という方は

私にぜひ聞かせてくださいね!)

 

 

「思考の整理整頓」

 

これが一番大事な部分で、

人の心には自分一人ではどうしても見えない部分があります。

 

自分の後頭部を自分の目で見れないのと同じ。

 

誰かに鏡になってもらって、

 

「ああ〜今自分はそういう状況なんだな」

 

と知ることで、

冷静に物事を見ることができるようになって前に進めます。

 

心に少しだけ余裕が生まれるからです。

 

 

 

いろんなことを自分の力で解決して乗り越えてきた方は、

誰かに相談する ということはとても勇気のいることだと思います。

 

私はそうでした。

 

私のこんな悩みを話して、相手の時間を奪ってもいいのかな

忙しいのに何だか申し訳ないな・・

 

そんな気分になって、なかなか人に悩みを言えませんでした。

 

また

 

何だか恥ずかしくて、悔しい・・

一人でこっそりと解決したい

人に知られたくない

 

そう思うかもしれません。

 

 

そんな気持ちになることは自然なことですが、

自分の豊かな音楽人生のために

一瞬だけ勇気を出してみてください。

 

 

弱いところを見せても大丈夫。

 

あなたを助けたいと思っている人が

周りにたくさんいます。

 

人を信じてみることで

自分のことも信じられるようになります。

 

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

<10月スタート!来期メンバーお申し込みを受付中!>

毎月定額でカウンセリングが受けられる

大好評「オンラインサロンlargo(ラルゴ)」

12860_mdiwmtljndcynde3n
 
 

心には、

人と関わることでしか癒されない部分があります。

 

あなたも半年間、全国の音楽仲間とオンラインで交流しながら

いろんな気づきを得てみませんか?

 

このオンラインサロンはリピーターの方が多く、

大変ご好評をいただいております。

 

毎月定額でメンタルケアが受けられるので、

実は1番お得なメニューです。

 

なにがなんでも個別じゃなきゃ嫌!という方以外にはおすすめ!

ただいま、ご登録料金半額キャンペーン中です。(9月30日まで)

 

 

オンラインサロンの詳しい内容を今すぐチェック!

 

 

 

 <大好評発売中!>

【ネット限定販売】

<内容>

「本番が近くなったら読む本」&「失敗して凹んだ時に読む本」2冊セット

 

 

 

<価格>

 2,700円 (送料無料・税込)

 

<サイズ・仕様>

・A5スクエア(148mm ×  148mm )
・巻カバー付き
・36ページ

 

<お支払い方法>

ゆうちょ振り込み

 

<お届けまでの日数>

約1週間程度

 

<配送方法>

スマートレターでのお届けとなります。

 

<2セット以上ご購入ご希望の方へ>

ご注文数に応じて配送方法を対応させていただきます。
(送料は変わらず無料です)

 

ご購入はこちらから