演奏するときに感じる劣等感・・

 

マリンバ奏者&音楽家専門カウンセラー 野元 まみです。

あなたは人と自分の演奏を比べて

「あんな風になれたらいいのに・・」

「私の演奏はダメだな〜」

「私って本当に下手だな」

と落ち込んでしまうことはありませんか?

音楽をしていると、コンクールや試験などで人と競争をする場面も出てきます。

劣等感を感じながら音楽を続けている方も多いのではないでしょうか。

 

人と比べるということは人間誰でもすることですし、「比較する」ということ自体は何にも悪くありません。

いつの間にか人と比べてしまうというのも、しょうがないこと。

しかし、比べてひどく落ち込んでしまうと、自分の演奏にも悪影響が出てしまいますよね。

もしあなたがそうだとしても、大丈夫!

【思考のくせ】を手放して新しいものに変えれば劣等感を薄めることは必ずできます。

今日は、

音楽家さんの劣等感を薄くするポイント

を2つお伝えいたします!

 

 

その1 劣等感を抱えている自分を認めて強くなろうとするのを一旦やめる

 

これはどういうことかというと「劣等感があってもいいや!」と一度自分を受け入れるということです。

 

私は以前、人と比べてすぐに落ち込む自分のことがとても嫌でした。

「こんなの私じゃない!」と見て見ぬふりをしようとしていたんです。

(誰だって、落ち込みやすい自分なんて直視したくないですよね・・。)

そして、劣等感を感じないようにするには強くならなきゃ!と思っていました。

しかし、いつまで経ってもなくならない劣等感・・

カウンセラーになった今ならわかるのですが、

当時の私は弱い自分を切り捨てて強くなろうとしていましたので、

【弱い自分】というのは際立っていたんです。

「劣等感ドロドロの自分のままで、好きな音楽をやろう!」

そう腹をくくることで、少しずつ劣等感が薄くなります。

 

その2 人前で演奏する時の「鎧」を脱ごう

 

 

私自身が、長年抱えてた「劣等感」をどうやって薄めたかというと、一番大きかったのは

カウンセリング(心の仕組み)を学んで自分と人に使うことで

人前で演奏する時に身につけていた「鎧」を脱げたことです。本当に楽になりました。

 

 

「鎧」って何かというと

できる人のふり。

平気なふり。

 

鎧を着ているということは、本当の自分じゃない姿ということです。

「できる人」「バカにされないようにちゃんとした人」「うまいと思ってもらえる人」

として、舞台に立つのではなく、

 

自信がないままで舞台に立つ。

丸腰の自分で自分自身に演奏の場を与えてあげる。

 

ということがとても効果があります。

カウンセリングしていると

「昔本番で失敗したトラウマがあって演奏する場所から遠ざかっています」

という方がよくいらっしゃいます。

失敗した時のなんとも言えない空気感。嫌ですよね。よくわかります・・・。苦笑

思い出すだけで嫌ですよね。

 

 

それを乗り越えたいと思った時になぜか多くの人が

ソロで失敗したから、もう一度ソロで成功しなきゃ!と思っているようです。

それってとてもとてもプレッシャーのかかること。

 

それより先にぜひやっていただきたいことは

「音楽を人前で演奏したら楽しいな!」

というワクワク感を心に戻すことです。

 

 

まとめ

 

音楽をやっている皆さんが劣等感を薄くするポイントは

①劣等感を抱えている自分を認めて強くなろうとするのを一旦やめる

②人前で演奏するときに「鎧」を脱ぐ

ということでした。

心の中の劣等感に苦しんでいる音楽家さんはぜひ

「弱い自分のまま舞台に立ってもいい。どうせ受け入れられてるし」

という魔法の言葉をつぶやいてみてくださいね。(できれば1日100回以上!)

楽器に向かう前につぶやくと効果抜群です。

それでは!

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

次回記事予告

【演奏中の自己否定「あ〜・・私って下手」をやめるコツ】

をお届けします。

 

 

 

もっと記事が読みたい!という方は、

無料メルマガ「音楽家のためのメンタル教室」へご登録ください♪(ほぼ毎日配信中)