音楽でも日常でも、

ぜひ持っていていただきたいなと思うことは

麻薬のような一瞬の満足感じゃなくて、

 

薄味の安心感 

 

です。

 

刺激ばっかりを求めるのではなく

安心・安全な

ちょっと刺激足りないな・・・と思うくらいの暮らしが

実はメンタルを安定させることにつながります。

 

 

 

 

自分はできるんだ!

 

を実現するために、

難しい曲に取り組んだり

コンサートを企画したり

セミナーに行ったり・・

 

そんな事を常にしていると

 

クリアした時の満足感、

あの解放感がもっと欲しい!

 

という状態になることがあります。

 

 

もちろん、頑張ることが悪いことではありません。

私も頑張るのは好きな方です。^^

 

音楽を

自分を認めてもらうため だけ に使っていると

そのうちしんどくなってしまうかも・・

というお話しなんです。

 

 

しんどい理由の一つは、

 

楽器が弾ける自分だけが、価値がある

 

と思っている部分にあります。

 

 

 

私は以前、完全にこの状態でした。

 

自分の自己肯定感の低さを音楽で埋めようとしていたんです。

 

 

自分の存在価値に

 

「楽器をうまく演奏できること」

 

という条件をつけていました。

 

他にも、もっと細かく

 

「音がきれいに鳴らせること」とか、

「ミスタッチしないこと」とか、

 

無限にあったかもしれません。苦笑

 

もしあなたもそうだとしたら、

その条件、勇気を出して外してみませんか?

 

 

楽器が弾けない

楽譜すら読めない

いつまでも中途半端

そんな私が素晴らしくて価値がある。

 

 

私は楽器が弾けなくても、価値がある。

私は楽器を弾かなくても、価値がある。

私は楽器をやめても、価値がある。

 

って信じてみるんです。

 

 

 

中途半端なあなたでも大丈夫^^

中途半端でも、安心していい

中途半端でも、そこにいてもいい

 

 

必要な方に届きますように。

 

 

音楽をする人のための心のレッスンについてはこちら